読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰も寝てはならぬ。

今さら聞きづらいようなネットやパソコンのコトを書いています。

Googleから自分のサイトに関するメッセージや情報を、どうして得られるの?

この記事は、そもそもGoogleのウェブマスターツールというWebサービスを知らない方に向けて書いたものです。

よくGoogleから警告やメッセージが来たとか、そんな記事を目にしたり聞いたりしたことがあるかと思います。メッセージ以外にもGoogleに対して設定や登録をしたとか、指摘を受けたところを改善したとか、そんなことを耳にされたことはあるでしょうか。

それらはGoogleのWeb管理者向けサービス「ウェブマスター ツール」によるものと思います。

ウェブマスター ツール」とは、

Google 検索結果でのサイトの表示回数を増やすことができます。このサービスは無料でご利用いただけます。

Google ウェブマスター ツール では Google でのページの表示に関する詳細なレポートを確認できます。サイトを追加、確認するだけで、情報がすぐに表示されるようになります。

つまり、あなたがブログを1つやっているとします。そのブログを登録することで、Googleはあなたのブログの存在を知り、かつGoogleにはどう見えているのか、状態を把握することができます。

例えば、検索クエリというサービスでは、こんなキーワードでブログが検索され、どれくらいの順位で結果ページに出ていますとか、検索エンジンからどれくらいアクセスがあるのかとか、NotFoundのページがありますとか、Sitemapを送信した数が何ページで、そのうちGoogleが認識済みが何ページです、とか。

そして逆にあなたはサイト管理者として、あるページは削除したので検索結果に出さないでほしいURLを削除申請したり、特定のパラメータのついたページをクロールしないように設定したり、サイトを新しいドメインに移動した場合は、そのURLをGoogle に知らせるとか、数多くの機能が用意されています。

またはブラックなSEO会社を使って、不自然なページから大量のリンクを購入したとします。それがGoogleにバレてペナルティを食らい、検索結果の順位を落とされたり検索結果から抹消されたとします。そんなときはあなたがログインしたウェブマスター ツールのホームに残念な(笑)警告もお知らせしてくれます。

Google ウェブマスター ツールは、あなたがGoogleのアカウントを作ってサイトを登録することで利用ができますが、持っているサイトやブログが、確かにあなたのものであるという証明が必要です。例えば管理者やオーナーでないとできないこと(HTMLに指定されたメタタグを埋め込んだり、指定したファイルをアップロードするなど)をしたりして、Googleにそれを確認させることでサイト管理者であることを証明できます。

逆にそれができないとウェブマスター ツールは使えません。

その意味ではYahooのブログサービスのように、テンプレートにメタタグを書くこともFTPでファイルのアップロードもできないサイトは登録(利用)ができません。

ま、総じて便利なサービスですが、別にサイトのオーナー(管理者)だからといって、使うことが必須というわけではありませんが、サイトで商売をしていたりブログでアフィリエイトをしているのであれば、"無料"なのでアカウントをとって利用してはいかがでしょうか。アカウントをとれば、Googleにはアクセス解析のできるGoogle Analytics(アナリティクス)も利用できることだし、損はないと思います。